ゆとり社員ちゃんシリーズ紹介

スポンサーリンク

ゆとり社員ちゃんシリーズ

ゆとり社員ちゃんが主人公のビジネスノベル

ゆとり世代――

それは、二〇〇ニ年に始まった「ゆとり教育」を受けた世代である。半ドンを知らず、詰め込み教育を回避し、のびのびと育った若者たちだ。

都内某所の中小出版社であるいどばた出版に入社した「ゆとり社員ちゃん」が、先輩たちに教わったり勇気を出して試行錯誤したりしながらビジネスパーソンとして成長していくビジネスノベルです。

主人公は湯島ことり。第二新卒でいどばた出版にやってきた、地味でコミュ障なオタク女子です。ひょんなことから企画編集部へ配属となり、編集者としてさまざまな本づくりにたずさわることに。企画編集部の先輩や上司、本づくりを取り巻く執筆者やデザイナーなど、数々の個性的なキャラクターたちがことりのビジネススキルをビシバシ鍛えてくれます。

『ゆとり社員ちゃん』シリーズの主要登場人物はこちら

ビジネスノベル=ビジネススキル×ストーリー

ビジネスノベルとは、ビジネス書と小説のよいところをあわせもった読み物です。経済小説お仕事小説と呼ばれることもあります。近年では、『もしドラ』こと『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』もベストセラーになりました。

『ゆとり社員ちゃんシリーズ』では、会話術や文章術といったビジネスの役に立つさまざまなビジネススキルを学べます。

  • 会話術 ――傾聴力、話題力、質問力
  • ダラダラ癖矯正 ――朝の習慣、すぐやる人
  • 文章力 ――報告書の文章術、企画書・提案書の文章術、校正力
  • 問題解決 ――PDCAサイクル、なぜなぜツリー&PREPツリー
  • ビジネスツール ――メモ術、手帳術、ビジネスメール、電話応対
  • 敬語 ――ほめる敬語、断る敬語

ほか、シリーズ絶賛継続中!

シリーズを通して読むなら

『ゆとり社員ちゃん』シリーズは、何巻から読んでも背景や登場人物が分かるようになっています。身につけたいビジネススキルで選んで、気軽に読んでください。

主人公・ことりの成長や、人間関係の変化も楽しみたい! という方は、シリーズを通して読んでいただければ幸いです。各巻で学べるビジネススキルやストーリーの見どころをまとめました。

No.01~03 会話術編

01.『ゆとり社員ちゃん、会話術を学ぶ。1 「傾聴力」が雑談スキルUPのカギ!』20分で読めるシリーズ


★本書で学べるビジネススキル★
会話術編の第1弾である本書は、「傾聴力」にスポットをあてています。受容・共感・自己一致によって行う「傾聴」の重要性、合いの手とあいづちのテクニック、ノンバーバルコミュニケーションの基本などを紹介しています。

★ストーリーの見どころ★
いどばた出版に第二新卒として入社したのは、地味でコミュ障なオタク女子! 主人公・湯島ことりのの絶望的なコミュニケーション能力、デキる先輩・水口静香が鍛えていきます。そんな静香にも、実は隠された過去があって――

02.『ゆとり社員ちゃん、会話術を学ぶ。2 「質問力」を鍛えれば雑談も仕事も捗る!』20分で読めるシリーズ


★本書で学べるビジネススキル★
会話術編の第2弾である本書は、「質問力」にスポットをあてています。相手の会話から拾ったキーワードにプラスワンして返す質問のしかたや、オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンの使い方などについて解説していきます。

★ストーリーの見どころ★
静香のおかげで少しずつ雑談の輪に加われるようになったことりは、新人恒例のPOP制作を任されます。毒舌で変わり者の太田先輩に書籍の特徴やターゲット層についてヒアリングすることに。

03.『ゆとり社員ちゃん、会話術を学ぶ。3 「話題力」を身につけて雑談を楽しむ!』20分で読めるシリーズ


★本書で学べるビジネススキル★
会話術編の第3弾である本書は、「話題力」にスポットをあてています。人の話題を奪って自分の話ばかりしてしまう悪癖に触れて、話題力の重要性を説明していきます。また、準備や観察の必要度に応じてレベル分けした話題(ネタ)をご紹介しています。

★ストーリーの見どころ★
オタクであることを隠さなくなったことりには、人の話題を奪ってしまうという悪癖がありました。静香だけでなく、企画編集部のエース編集者である池上チーフの協力も得て、ことりは編集者としてもビジネスパーソンとしてもひとつステップアップします。

No.04~05 ダラダラ癖矯正編

04.『ゆとり社員ちゃん、ダラダラ癖を直す。1 「朝」のキラキラ習慣を身につける!』20分で読めるシリーズ


★本書で学べるビジネススキル★
ダラダラ癖矯正編の第1弾である本書は、「朝の過ごし方」にスポットをあてています。朝ダラダラ過ごしてしまう人の特徴、スッキリ目覚めるために心がけたい『朝のキラキラ習慣』、ダラダラを予防するための模様替えなどを紹介しています。

★ストーリーの見どころ★
静香たちに雑談スキルを鍛えてもらったおかげで、ことりは職場になじめるようになりました。プライベートでも静香と仲よくなったことりは、彼女のキラキラした生き方に憧れるように。一方、静香の”秘密”を知った池上チーフと太田先輩にも変化が――

05.『ゆとり社員ちゃん、ダラダラ癖を直す。2 先延ばしや先送りをせず「すぐやる人」になる!』20分で読めるシリーズ


★本書で学べるビジネススキル★
ダラダラ癖矯正編の第2弾である本書は、ダラダラ癖のある人が「すぐやる人」になる方法についてスポットをあてています。仕事でもプライベートでもすぐに物事に取り掛かれない悩みを解決! 集中力が維持できず、ダラダラしているつもりはないのにダラダラしているように見られる人にもおすすめです。

★ストーリーの見どころ★
入社から半年。静香から引き継いだ『十二か月のベランダ菜園』のリニューアルも大詰めです。編集者としての初仕事ははたしてうまくいくのか? ことりを見守る静香・太田先輩・池上チーフの人間関係も微妙に変化していきます。

No.06~08 文章力編

06.『ゆとり社員ちゃん、文章力を鍛える。1 報告書の文章術。ビジネス文書にふさわしい文章の書き方。』30分で読めるシリーズ

★本書で学べるビジネススキル★
文章力編の第1弾である本書は、「ビジネス文書にふさわしい文章術」にスポットをあてています。ことりが直面するのは、話し言葉のまま書いてしまう、一文がダラダラと長い、表現があいまいで主観的といった3つの課題です。悪癖を自覚し、ビジネス文書らしい文章の書き方を学んでいきます。

★ストーリーの見どころ★
ことりは『十二か月のベランダ菜園』に関する報告書がなかなか書けずにいました。OJTからは卒業したものの、まだまだ静香に教わる日々が続きます。ある日、ことりと同じゆとり世代のインターン生がやってくることに。

07.『ゆとり社員ちゃん、文章力を鍛える。2 企画書・提案書の文章術。説得力のある文章の書き方。』30分で読めるシリーズ

★本書で学べるビジネススキル★
文章力編の第2弾である本書は、「説得力のある文章」にスポットをあてています。文章の構造や伝わりやすい言葉選び、文書全体の論理的な構成などについて紹介していきます。より説得力を高めるには、相手を動かす「かなめ」が必要……静香が教える文章テクニックをぜひお楽しみください。

★ストーリーの見どころ★
優秀なインターン生・喜多見一星は、ことりと同じゆとり世代。『十二か月のベランダ菜園』の営業提案書を二人で協力して書くことになったのですが、意識高い系爽やか青年の正体は、超腹黒な生意気クンだったのです! いどばた出版を「就活の踏み台」と豪語する一星の本音とは――

08.『ゆとり社員ちゃん、文章力を鍛える。3 校正力を磨けば効率のよい書き方が身につく!』20分で読めるシリーズ

★本書で学べるビジネススキル★
文章力編の第3弾である本書は、「校正力」にスポットをあてています。ビジネスパーソンが校正力を身につけるべき理由とは? さらに、用語・表記の統一や文章量の調整など、文章を見直す時だけでなく文章を書く段階から役に立つテクニックをご紹介します。

★ストーリーの見どころ★
ことりは忘年会幹事である太田先輩をサポートしています。静香不在の中、なんと今回は太田先輩から校正力について教わることに。そんな時、『十二か月のベランダ菜園』に乱丁本が出たという電話が……

No.01~08 ビジネススキルを身につける【8タイトル合本版】


「会話術編」「ダラダラ癖矯正編」「文章力編」の合計8タイトルを一挙に読める合本版です。1冊ずつ買うよりも断然おトクなので、これから『ゆとり社員ちゃん』の世界に触れたい方にはこちらをおすすめします。

No.09~10 問題解決編

09.『ゆとり社員ちゃん、問題解決に取り組む。PDCAサイクルって何ですか? 計画・実行・評価・改善を学ぶ!』20分で読めるシリーズ


★本書で学べるビジネススキル★
問題解決編第1弾である本書でことりが学ぶのは、「PDCAサイクル」です。今までのPDCAでは不十分でした。なぜなら、PDCA最大のキモは、それをサイクルとして回し続けることだからです。最終章まで読めば、計画・実行・評価・改善をサイクルで回し続けるコツがしっかりと理解できることでしょう。

★ストーリーの見どころ★
忘年会の翌日、二日酔いになってしまった静香から、ことりはPDCAサイクルについて教わります。その時、いどばた出版の歴史が詰まった資料庫で大きな異音が! 壊れた棚を新調し、あふれる資料を処分・整理することになったのですが、そのリーダーにことりが任命されます。

10.『ゆとり社員ちゃん、問題解決に取り組む。売上を回復せよ!なぜなぜツリー&PREPツリー。』20分で読めるシリーズ

★本書で学べるビジネススキル★
問題解決編第2弾である本書でことりが学ぶのは、2種類の「ロジカルツリー」です。1つ目は、「なぜ?」を繰り返して問題を細分化していく「なぜなぜツリー」。問題を解決するためには、情報を収集し分析することが重要です。2つ目は、プレゼンなど論理的に説明する場面で役立つ「PREPツリー」。P要点、R理由、E実例・詳細、P要点という論理的な構成をヌケモレなく築き上げるのに役立ちます。

★ストーリーの見どころ★
年明け早々、『十二か月のベランダ菜園』の売上が低下。静香と池上チーフという強力なバックアップを得て、ことりは大事な担当本の売上回復にのぞみます。そんな折、静香と池上チーフの関係にも変化が――

No.11~14 ビジネスツール編

11.『ゆとり社員君、電話応対が得意になる。発声のコツ、取次ぎ方、電話メモの残し方を学ぶ!』30分で読めるシリーズ

★本書で学べるビジネススキル★
ビジネスツール編第1弾である本書でことりが学ぶのは、電話応対の基本です。「ゆとり君」こと喜多見一星が部署の新メンバーに加わりますが、彼は新入社員が電話を取るべきだという風潮に納得できない様子。発声のコツを教わり、電話応対の鉄板フレーズを繰り返し練習するうちに、電話に対する苦手意識が薄れていきます。

★ストーリーの見どころ★
入社から一年が経ち、ことりにも(アルバイトだけど)後輩ができます。優秀なインターン生だった一星は、実は電話応対が苦手でした。同じ「ゆとり世代」とはいえ、はじめは犬猿の仲だった二人。次第に馬が合うようになり切磋琢磨していきます。

12.『ゆとり社員ちゃん、究極のメモ術を会得する。付箋×緊急度・重要度マトリクス。』30分で読めるシリーズ

★本書で学べるビジネススキル★
ビジネスツール編第2弾である本書でことりが学ぶのは、付箋を活用した究極のメモ術です。後輩アルバイトの喜多見一星のミスをきっかけに、メモの取り方を試行錯誤し始める二人。メモが埋もれる、メモを活かせない……といった課題を解決するのは、「緊急度・重要度マトリクス」でメモを整理・活用する方法でした。TODOやタスクの管理だけでなく、アイデア出しにも役立ちます。

★ストーリーの見どころ★
優秀ではないが素直なことりと、意識高い系でプライドの高い一星。凸凹コンビが切磋琢磨しながらミスや課題を乗り越えていきます。太田先輩が取り組んでいる企画とは? 静香と池上チーフの関係はどうなったのか? などもお楽しみください。

13.『ゆとり社員ちゃん、ACT手帳術で夢を叶える。夢に向かって具体的に行動するための手帳術。』30分で読めるシリーズ

★本書で学べるビジネススキル★
ビジネスツール編第3弾である本書でことりが学ぶのは、夢を叶えるACT手帳術です。A・照準を合わせる(Aim)C・調節する(Control)T・タスク(Task)という3つのハウツーを実行することで、夢に向かって具体的に「行動する(ACT)」ことができるようになります。自分に合う手帳の選び方や、手帳を継続するための工夫も紹介しています。

★ストーリーの見どころ★
一星が企画した『新入社員のためのポケット・ビジネスマナー』の担当編集者に決まったことり。静香と人生初の海外旅行に行くという目標もできました。一方、一星は就活がうまくいっていない様子で――

14.『ゆとり社員ちゃん、メールを書く。業務効率を3倍よくするビジネスメールの書き方』20分で読めるシリーズ

★本書で学べるビジネススキル★
本書でことりが学ぶのは、業務効率が3倍よくなるビジネスメールの書き方です。一目で内容が分かる件名の書き方やあいさつ文のバリエーション、コミュニケーション効率を上げる本題の書き出し方・結び方。そして、メールの構造を「ダブルバーガー式」でとらえたユニークなメール術を習得します。

★ストーリーの見どころ★
優秀でコミュンケーション能力も高い一星ですが、基本的なビジネスマナーには少々難がありました。後輩育成に悩むことりを見て、静香は微笑ましく思います。池上チーフの後を継いで忙しくしている静香の意外な一面も見られます。

No.15~16 敬語

15.『ゆとり社員ちゃんのほめる敬語 ビジネスの武器になる10の鉄板フレーズ。』20分で読めるシリーズ

★本書で学べるビジネススキル★
敬語編第1弾である本書でことりが学ぶのは、ほめる敬語です。ビジネスの武器になる10の鉄板フレーズと、効果的なほめ方のコツを学びます。表紙デザイナーとの打ち合わせでほめる敬語を実践し、交渉を成功させる様子もお楽しみください。

★ストーリーの見どころ★
ことり&一星のゆとりコンビが取り組む『ポケビジ』の編集もクライマックス!老舗デザイン事務所による表紙のデザインコンペで二人が駆使するのは、静香&太田の先輩コンビから学んだ「ほめる敬語」です。そんな折、ことりはなんと社長室に呼ばれて面談することに。

16.『ゆとり社員ちゃんの断る敬語 キッパリ断る方程式とやんわり断る方程式』30分で読めるシリーズ

★本書で学べるビジネススキル★
敬語編第2弾である本書でことりが身につけるのは、断る敬語です。敬語フレーズを組み合わせて使う2つの方程式を学び、しつこいセールス電話をキッパリ断ったり、お酒の誘いや望まぬ仕事をやんわりと断ったりします。

★ストーリーの見どころ★
『ポケビジ』の校了間近で残業続きのことり&一星。残業中にかかってきた一本のセールス電話をきっかけに、静香&太田の先輩コンビから「断る敬語」について学ぶことになります。ことりが企画編集者として悩み、成長する姿もお楽しみください。

ゆとり社員ちゃんシリーズはここで読める!

取り扱い書店一覧

Amazon Kindleストア
・一部商品は Kindle unlimited でも取り扱いがあります
・POD(プリントオンデマンド)にも随時対応しており、
電子書籍を紙の本として購入することもできます

楽天ブックス

紀伊國屋書店

honto

その他 iBookstore、光TVブック、GALAPAGOS STORE、セブンネットショッピング、漫画全巻ドットコム、CDJAPAN、ブックライブ、イーブックジャパン、どこでも読書、BOOKSMART Powered by Booker’s、コダワリ編集部イチオシ、yomel.jp、Bookbeyond、ポンパレeブックストア、東芝ブックプレイス など(敬称略)

noteでも読める

株式会社まんがびと様のnoteから、ゆとり社員ちゃんシリーズの一部を無料で読んでいただくことができます。
note まんがびと ゆとり社員ちゃんシリーズ
2018年12月現在は以下の2冊を無料公開中です。
No.1『ゆとり社員ちゃん、会話術を学ぶ。「傾聴力」が雑談スキルUPのカギ!』
No.2『ゆとり社員ちゃん、会話術を学ぶ。「質問力」を鍛えれば雑談も仕事も捗る!』

また、『ゆとり社員ちゃん』シリーズは含まれませんが、月額690円で将来的に1600タイトル以上が読み放題になるこちらのまんがびと読み放題マガジンもおすすめです。
note まんがびと読み放題

コメント

タイトルとURLをコピーしました