【読みやすさ】「の」が3回以上連続したらこう置き換える

ライティング
スポンサーリンク

「の」に甘えるな!

「の」はとても便利な助詞です。便利であるがゆえに、ふと気づくと一文に何度も「の」を使ってしまいがちです。「の」が連続する文章は読みづらく、正確な意味も伝わりにくいので注意しましょう。

目安としては、「の」は一文に2つまで。3連続で「の」が登場したら、どこかを別の助詞に変えるか、別の表現に置き換えるといいですね。

便利な「の」に甘えてしまった文章がこちらです。

例文

昨日報告書中に、上海工場から提案あった新商品案をまとめてあります

ちょっと大げさに作った例文ですが、合計6つの「の」があります。声に出して読んでみると違和感がありますが、書いている最中にその違和感に気づくのは難しいかもしれません。また、一文をできるだけ短くしようとして「の」を使い、結果的に意味が伝わりにくくなってしまうこともあります。

便利な助詞「の」に甘えずに文章を書くことで、こんなメリットがあります。

  • 読みやすい文章になる
  • 文章の意味がクリアになる
  • 逆に一文が短くなることもある

助詞「の」がもつ機能一覧

「の」を多用してしまうのは、「の」が複数の機能をもつからです。「の」がもつ機能一覧をまとめました。
(➡➡➡スクロール)

機能例文見分け方
主格(部分の主語)見える公園でピクニックをしよう。
コスモス咲く頃に会いしましょう。
「が」に置き換えられる
体言+の+用言
連体修飾格種類・状態・性質の指定延べ棒が積み上げられていた。
担当鈴木さんに会いに行きます。
「~である」に置き換えられる
用途・材料の指定味噌汁お椀をとってください。
豚肉料理が得意です。
「~に使う」「~でできた」の意味。省略できる(味噌汁椀、豚肉料理 など)
所有・所属の指定報告書をご覧ください。
鈴木さん担当は私です。
「私が書いた報告書」「鈴木さんにつく担当」のように、続く名詞を修飾するにかかる名詞修飾節に置き換えられる
動作・状態の主体・対象を指定帰りを待っているのです。
これから英語勉強をします。
主語+が/を+動詞に言い換えられる
・母帰ってくるのを~
・これから英語勉強します
時・場所の指定明日授業は面白そうだ。
駅前カフェに行きたい。
時は「~に行われる」場所は「~にある」などに置き換えられる
体言の代用
(準体格)
そのコップは僕です。「のもの」に置き換えられる
同格パグ黒いやつが好きだ。前後がイコール。「で」「のうち」「かつ」に置き換えられる

昨日 →時の指定
報告書中 →所有・所属の指定
上海工場 →場所の指定
提案あった →主格(「が」に置き換えられる)
新商品案 →種類の指定

例文の改善案

昨日が提出した報告書に、上海にある工場から提案された新商品に関する案をまとめてあります

所有・所属を意味する場合は、「~における」「~がもつ」などに言い換えられる。この例文では、安易に「の」を使わずに、「~が提出した」というように主語+が+動詞を使ってあえて丁寧に書いた。

場所を意味する場合は「~にある」などに言い換えられる。この例文の場合は、「上海工場」と省略することもできるだろう。

対象を意味する場合は、「~についての」「~に関する」などが使える。

 

このように、「の」が連続してしまったら、ほかの表現に置き換える省略することで解消しよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました