【一時保育】を利用して在宅ワーク!午前のみ一時保育のタイムスケジュールを公開

育児ブログ
スポンサーリンク

一時保育には「午前中のみ」と「終日」がある

我が家が利用している一時保育には、「午前中のみ」と「終日」の2パターンの時間設定があります。

娘氏を預けるのは、在宅ワークの時間を確保するためです。主に電子書籍の執筆や編集、ブログ記事執筆に充てています。

我が家がよく利用するのは、「午前中のみ」の一時保育です。その理由はこちら。

 

「午前中のみ」と「終日」の、保育時間と費用について比較してみましょう。

あくまで我が家が利用している2園の情報を基にしています。
京都市は概ね同じ条件のようですが、詳しくはお住まいの自治体または利用される保育園の情報を調べてくださいね。

保育時間

午前中のみの一時保育……両園とも 8:30~12:30 (4時間)

終日の一時保育……………両園とも 8:30~17:00(8時間半)

預けられる時間はA園B園とも差はなく、午前中のみの場合は4時間、終日の場合は最大8時間半です。

ただし、A園は片道30分、B園は片道15分と送迎にかかる時間が異なります。
その分自宅で作業できる時間に差は出ます。

費用

午前中のみの一時保育……両園とも 1,050円

終日の一時保育……………両園とも 2,100円

ただし、B園は終日で預ける場合のみお昼寝があります。
お昼寝布団は持ち込みも可能ですが、レンタルする場合は+100円の 2,200円 になりました。

A園にもお昼寝はありますが、敷布団は無料レンタルで敷シーツ・掛布団代わりにバスタオル2枚を持参することになっています。
バスタオルだと洗濯しやすいし、なにより持ち運びがコンパクトで楽! なのでこれもありがたいですね。

 

さて、A保育園とB保育園では送迎にかかる時間が多少変わるのですが、だいたい同じくらいのタイムスケジュールで動けています。

「午前中のみ」一時保育のタイムスケジュールを公開します!

スポンサーリンク

我が家の「午前中のみ」一時保育タイムスケジュール

初回もしくは初回から数回は、慣らし保育として「午前中のみ」の一時保育となることが多いようです。

TIMEやること備考
7:00起床遅くとも7:30までには起きたい
7:30朝食朝食メニューを連絡票に書くことも
8:00着替えうんち後が理想。
排尿排便の記録を連絡票に書くことも。
8:15家を出発A保育園は片道30分、B保育園は15分
8:30~45園に到着A保育園は玄関で娘氏と荷物を受け渡し。一方B保育園は保育室まで送り、荷物も自分で出してセットする
9:00~30自宅に戻る
午前の部始業

いよいよここからが在宅ワーク始業です。
少し遠いA園も、送迎時に荷物を自分でセットするB園も、概ね「9:30」までには仕事を開始できます。

ちなみに、私は始業開始をツイッターで宣言することにしています(忘れることもあるけど)

Twitter

 

娘氏のいない間にしかできない作業もあります。
プリンターを使うとか、資料広げたいときとか、ひたすら集中したいとか。
貴重な時間を一秒たりとも無駄にしないように、その日作業したい内容を宣言しておくんです。
そうすると、頭と体が「お仕事モード」に切り替わります。
宣言した後に仕事に関係ないツイートをするのは気が引けるので、抑止力にもなります(笑)

午前中のみ一時保育の場合、「12:30」までに迎えに行かなければなりません。徒歩15~30分かかるので、家を出るのは早いと12時。

午前中のみ一時保育はお昼ごはんありなので、12時までに自分のお昼ご飯も済ませます。

TIMEやること備考
11:30昼食ときどき食べ忘れます(笑)
朝食の分と一緒にここで台所を片付けます
12:00~15家を出発
12:30園に到着A保育園は玄関で娘氏と荷物を受け渡し。一方B保育園は保育室まで迎えに行き、荷物も自分で回収する
13:00頃自宅に到着・寝かしつけうまくいけば帰宅途中に寝る。家まで寝なくても、30分以内には寝てくれる
~起きるまで午後の部始業園でいっぱい遊ぶからか、1時間~2時間近く寝てくれることが多い
15:00頃おやつタイム起きたら水分補給&おやつタイム。休憩を兼ねて一緒に遊ぶ
16:00~Eテレゴールデンタイムテレビを見せつつ声かけしながら、午後の部でやりきれなかった作業を再開。いわゆるボーナスタイム。娘氏がちょっかいだしてきて仕事にならない日もある(笑)
17:00~家事タイム夕食作り、そうじ、洗濯物 など
18:30お風呂・夕食以降は一時保育のない日と同じ

以上です。
午前中のみ一時保育に預けた場合、在宅ワークに割ける時間を合計すると……

午前の部 9:30~11:30(2時間)
午後の部 13:00~15:00頃(2時間)
ボーナスタイム 16:00~17:00(1時間)

合計4~5時間 となります!

ちなみに、普段自宅で育児しているときは、お昼寝中の30分~2時間しか作業できません。
それも、午前中に公園で遊んだり、寝かしつけに苦労したりしてようやく確保できる時間です。
一時保育だと、遊ばせる労力もかかりませんし、寝かしつけ時に一緒に寝落ちしてしまうリスクもないんです!

「終日」の一時保育のタイムスケジュールも、機会があればまとめますが、終日だとなんとなく普段の生活リズムと崩れてしまうんですよね。いない間に家事を済ませることもできるのですが、帰ってくるのが遅い分なにかと後ろにずれ込みがちです。

普段の生活リズムとほとんど変わらず、最大限に作業時間を確保できる「午前中のみ」の一時保育、ぜひ利用してみてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました