悩ましき「ぢ」と「じ」――ぢめんorじめん?こぢんまりorこじんまり?

ライティング
スポンサーリンク

”濡れたじめんに犬がこぢんまりと座っていた。”

「ぢ」と「じ」の使い分けに悩んだことがある人や、「ぢめん」と入力したのにうまく変換されずに困ったことがある人、「こじんまり」と書いて校正を入れられてしまった人は、ぜひこのページをブクマしてください。

まずは、「ぢ」になる場合の基本的なルールを覚えましょう。語句の意味や成り立ちを考えればすぐに理解できるので、難しくはありません。

そのうえで、「じ」を使うのはどういうケースかも確認してください。現代語の意識において二語に分解しにくいものや、語が連合したことの影響ではなくもともとの漢字が濁っている場合などです。

「ぢ」になるのは同音連呼と二語連合

同音連呼による濁り

同じ音が連続した場合に、二つ目の音に濁点をつけます。もとが「ち」なので、濁っても「ぢ」です。

ち+ち → ち+ぢ

縮む(ちむ)/縮れる(ちれる)/千々に(ちに) など

二語の連合による濁り

異なる語が連合してひとつの語になった際、発音しやすいよう続く「ち」が濁ることがあります。その場合も、もとの「ち」が濁るだけなので「ぢ」です。

〇〇+ち→○○ぢ

鼻血(はな)/悪知恵(わるえ)/入れ知恵(いれえ)/馬鹿力(ばかから)/底力(そこから)/身近な(みかな)/間近に(まかに)/夫婦茶碗(めおとゃわん)/散り散り(ちりり)/こぢんまり など

「こぢんまり」は、小さくまとまっているさまを表す「ちんまり」という言葉に「こ」がついて強調しているため、二語に分解することができます。その一方で、「小締まり(こじまり)」がなまったものという説も。
大変悩ましい問題ですが、多くの辞書が「こぢんまり」を採用していること、 文部科学省 内閣告示第一号 現代仮名遣い では「こぢんまり」と説明されていることなどから、現時点では「こぢんまり」が現代仮名遣いとして正しいといえます。

次ページは「じ」になる場合を解説!

コメント

タイトルとURLをコピーしました