ライティング

ライティング

【電子書籍の書き方】元編集者が教える台割の作り方!

※『読者の人生を変える本の書き方 ビジネス書・自己啓発書・実用書が書ける7ステップ』のダウンロード特典「Excel台割テンプレート」は本記事最後からダウンロードしていただけます あなたが1冊の電子書(続きを読む)
2019.02.20
ライティング

【電子書籍の書き方】元編集者が教える競合分析!原稿を書く前に売れ筋を読め

電子書籍は今や個人でも簡単に出版できる時代! 原稿を出版社に持ちこんだり自費出版したりするよりもハードルは低いです。ePubや端末の知識がなくても、電子書籍を取り扱う出版社や代行業者と提携すれば(続きを読む)
2019.02.18
ライティング

【電子書籍の書き方】文字数は2万文字がベスト!その2つの理由

電子書籍の文字数は2万文字がベスト! 椥辻夕子 この記事はPREP法を元に書きます。 だから真っ先に結論を提示しますね。 電子書籍は、2万文字が(続きを読む)
スポンサーリンク
ライティング

【読みやすさ】「の」が3回以上連続したらこう置き換える

「の」に甘えるな! 「の」はとても便利な助詞です。便利であるがゆえに、ふと気づくと一文に何度も「の」を使ってしまいがちです。「の」が連続する文章は読みづらく、正確な意味も伝わりにくいので注意しましょ(続きを読む)
ライティング

【構成】ブログは「チコちゃん式」で書け!

「ブログの構成、毎回悩む……」 「もしかしてこの記事、最後まで読まれてない?」 「記事を書く手が止まっちゃう!」 そんなブロガー・ライターたちのなんと多いことか……! 悩みを解決するの(続きを読む)
2019.01.17
ライティング

悩ましき「ぢ」と「じ」――ぢめんorじめん?こぢんまりorこじんまり?

”濡れたじめんに犬がこぢんまりと座っていた。” 「ぢ」と「じ」の使い分けに悩んだことがある人や、「ぢめん」と入力したのにうまく変換されずに困ったことがある人、「こじんまり」と書いて校正を入れられてし(続きを読む)
2019.01.17
ライティング

【読みやすさUP】一文を短くする!文字数の目安は25~50文字

文章術・文章力に関する本は、多くが口をそろえてこう主張しています。 椥辻夕子 「一文を短くせよ!」 なぜだかわかりますか? 一文が長いと、こんな(続きを読む)
2019.01.17
ライティング

【文体】文末のバリエーションを増やせ!です・ます調(敬体)orだ・である調(常体)

「同じ文末を3回以上続けないでくださいね」 とあるメディアで記事執筆をしていたときに指摘されて驚いたルールです。なんでも、同じ文末が3回以上連続すると単調で退屈な文章になってしまうからだとか。 「(続きを読む)
2019.01.17
ライティング

【構成】起承転結とPREP法をTwitterの140文字で訓練する

わかりやすい文章は一文が短い 一文が短いと、一番言いたいことが相手に伝わりやすくなります。文章のねじれも起こりませんし、読み手を飽きさせずに主張を伝えきることができるのです。 「誤解を生まず読(続きを読む)
2019.01.17
ライティング

【読みやすさ】どの漢字を「ひらく」べき?文章も見た目が大事!

漢字→ひらがな に変えること=「ひらく」 漢字をひらがなに変えることを「ひらく」といいます。 文字数が増えるから開くっていうんだよ、と校正初心者のときに教わりましたが、それが真実かどうかはさて(続きを読む)
2019.01.17
スポンサーリンク