悩ましき「づ」と「ず」―うなづくorうなずく?近づくor近ずく?

ライティング
スポンサーリンク

”男が近づいてきて、大きくうなずいた。”

「づ」と「ず」の使い分けに悩んだことがある人や、「ちかずく」と入力したのにうまく変換されずに困ったことがある人、「うなづく」と書いて校正を入れられてしまった人は、ぜひこのページをブクマしてください。

まずは、「づ」になる場合の基本的なルールを覚えましょう。語句の意味や成り立ちを考えればすぐに理解できるので、難しくはありません。

そのうえで、「ず」を使うのはどういうケースかも確認してください。現代語の意識において二語に分解しにくいものや、語が連合したことの影響ではなくもともとの漢字が濁っている場合などです。

「づ」になるのは同音連呼と二語連合

同音連呼による濁り

同じ音が連続した場合に、二つ目の音に濁点をつけます。もとが「つ」なので、濁っても「づ」です。

つ+つ → つ+づ

続く(つく)/綴る(つる)/鼓(つみ)/つら折り など

二語の連合による濁り

異なる語が連合してひとつの語になった際、発音しやすいよう続く「つ」が濁ることがあります。その場合も、もとの「つ」が濁るだけなので「づ」です。

〇〇+つ→○○づ

気づく(きく)/近づく(ちかく)/基づく(もとく)/人づて(ひとて)/やり辛い(やりづらい)/金槌(かなち)/相槌(あいち)/頬杖(ほおえ)/手作り(てくり)/荷造り(にくり)/人使い(ひとかい)/心遣い(こころかい)/三日月(みかき)/貝塚(かいか)/小包(こつみ)/働き詰め(はたらきめ)/山積み(やまみ)/手綱(たな) など

次ページは「ず」になる場合を解説!

コメント

タイトルとURLをコピーしました